性能を引き出せるかは使い道次第なハイスペックパソコン

ハイスペックパソコンは、一般的なパソコンと比較して、最高クラスの性能を持つパーツを使って作られています。
そのため、一般的なパソコンと比較して値段が高く、インターネットやメール、ビジネス文書の作成ぐらいの使い道なら、価格の高いハイスペックパソコンを購入する必要はありません。
しかし、「パソコンでリアルなグラフィックで作られている3Dゲームがしたい」、「自分で撮影した動画を編集したい」といった使い道を考えているのなら、価格が高くてもハイスペックパソコンを選ぶべきでしょう。
リアルなグラフィックが売りの3Dゲームは、高スペックなビデオカードでなければ快適なプレイはできません。
そうした高スペックなビデオカードは、低スペックのパソコンには使われていませんから、ほとんどの場合プレイすることすらできないでしょう。
動画編集についても、高スペックなCPUだと快適に編集をすることができます。
低スペックなパソコンでも編集できないことはありませんが、ハイスペックパソコンに比べたら、編集するのに何倍もの時間が必要になってしまい現実的ではありません。
パワーが要求されるような使い道をするのなら、ハイスペックパソコンを使う必要があります。